草月のいけばなを中心に、庭の花、四季の移り変わり、ハーブやお野菜、あるいはいけかたのヒント等、花&植物に関するあれこれを紹介しています。楽しんでいただければ幸いです。簡単な英語版(いけばながメイン)もあります。
私のいけばな写真は当初生徒さんの作品と一緒に載っています。現在ランキングには参加しておりませんが、過去記事にクリックお願いのバナーが残っている場合があります。2005.5〜
<< *冷えました 今の庭から | main | *飾る場所に合わせて >>
*花材 千両と万両の違い
にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ
お正月花に使った千両と、庭にある万両を比較してみました。(千両は庭に実をまいて芽が出たことがあるのですが、育ちませんでした〜。)

植物主に実の付き方が違い、千両は葉の上に上向きに、万両は葉の下に下向きにつきます。

いずれの写真も、左千両、右万両(万両は葉の陰で実が見えませんね。) 

 

アップしましょう。

 

千両のほうが明るい赤です。


この写真では千両の実の方が大きく見えますが、これは花屋さんで入手したものなので、万両の実のほうが大きいのではないかと思います。(個体差もあると思うので、大きさはあまり参考にしないでくださいね。)

     

正月花としては、主に千両が出回り、万両は見かけません。名前は万両と縁起がいいのですが、実が葉の陰で見えないのと、下向きにつくからでしょう。この時期縁起をかついだ花材が使われるんですよね。日本人だなあ。(ちなみに上向きだと運勢が上向き〜!)


植物千両と万両は見かけは似ていますが、植物学的には別物で、千両はセンリョウ科、万両はヤブコウジ科。千両の仲間は化石などの証拠から1億年以上前に出現したことがわかっており、もっとも原始的な被子植物ではないかと注目されているそうです。

なお、カラタチバナを百両、ヤブコウジを十両とも呼んでいます。

にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ毎日ぽちっとクリックありがとうございます。m(^^)m 今何位でしょう?
一番上のマークをクリックしてもOKです。

トップページに戻る
| 春萠 | 花材 | 10:41 | comments(4) | - |
春萌さま、こんばんは。

やはり、お庭の万両を頂いたことがあるのです。が、よーく観てませんでした。そっくりだなって思いましたが、かなり違っていますね。いけばなで、万両を使うことがほとんどありませんし。勉強になりましたー。

実家で、ゆっくりしてきました。うちの支部の新年会がお茶水のアスターであったんです。若い方は知らない方でいっぱいになりました。支部の研究会にほとんど出席できませんので。この先どうなることやら〜です。
| 雪華 | 2009/01/19 8:03 PM |
>雪華さま、こんにちは。

そうですよね、何気なく見ちゃいますよね。
1枚に両方の写真をあまり見ないので、一緒に写してみました。

ゆっくりできてよかったですね〜。
雪華さまより若い方たちがいっぱい!って池坊は若い方多いのですね!
| Shumho | 2009/01/20 1:14 PM |
カラタチバナを百両、ヤブコウジを十両  となると、人情として
一両は・・・となります。
花屋さんは、千両は直射日光に当たると、葉が枯れてしまうと聞かされてたので、置く場所を限定してやることになりますね。
千両万両の祖先が植物的に違うなんて聞かされると、彼らの起源は
もう、地球的歴史の世界にタイムスリップさせられます。だって、億年前の地球軸は、もっと傾いていたかも知れないし、動物だって当然、想像の世界だらけだったのでしょうから。
| 小島 良之 | 2017/12/16 2:32 AM |
>小島 良之 さま

コメントをありがとうございます。
お出かけしていたので、お返事が遅くなりました。m(_ _)m

動植物の深い考察をありがとうございます。
| 春萠 | 2017/12/20 1:59 PM |









ようこそ!春萠のブログへ (^^)♪
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>



-天気予報コム-

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS

PROFILE
Page Top